小児歯科の特徴について

小児歯科とは歯科の診療科目の一つで、その名の通り小児を中心とした治療を提供する歯科です。子供の歯の健康を守るため、成人と同じく子供の虫歯や口内の病気の治療、定期検診を行っています。

NAVERまとめサイトで情報を入手してみて下さい。

子供の乳歯はいずれ永久歯へと新しく生まれ変わるため、放っておいても良いと考える親もいますが、子供の虫歯というのは、大人になってからの歯の健康維持に大きな影響を及ぼします。
子供の頃に虫歯を放置しておくと、歯の健康に対する意識が軽くなり、大人になってからも虫歯を大した病気ととらえず、結果放置して抜歯するような事態に陥りかねません。



また、歯並びや噛み合わせは顎の骨が成長しきっていない子供の内に治療しておくと、短い時間で楽に治す事ができます。

小児歯科が対象とするのは一般的に成人前の患者ですが、病院によっては18歳までとしたり、20歳を超える障害者の患者を診療対象としているところもあります。
小児歯科の治療内容は成人に対する治療とさほど変わりありませんが、スタッフが成長途中の小児に関する専門的な知識と技術を習得していたり、子供が安心して治療を受けられるよう内装・インテリアが明るく楽しいもの、診療ユニット内に治療中に見られるテレビなどが用意されています。

また、小児歯科では子供だけでなく親への歯科指導などを行う事も重要視されているので、コミュニケーション能力に優れる診療科であるのも特徴です。

大学病院などの小児歯科では、医科の小児科と連携しながら治療を行うケースもよく見られます。