予防歯科とその治療とは

予防歯科は虫歯や歯周病などを予防して歯や口内を健康な状態にしてそれを保っていくための治療を行うところです。


一般の歯科と違うのは虫歯や歯周病にかかってから治療をするところと言うのではなく、虫歯や歯周病にならないための治療を行うところと言うことです。



具体的に予防歯科ではどのようなことを行うのかと言うと、特殊な器械やレントゲンなどを用いて虫歯や歯周病を起こしていないかの検査を行います。このとき虫歯などがあった場合にはまずは虫歯などの治療を行ってから予防歯科の治療を開始することになります。

治療はまず、どのような治療が必要かを判断するために唾液を検査して、虫歯になりやすいかどうかなどを診ます。次に歯科衛生士によって磨き残している汚れなどをきれいに除去してもらいます。



普段きれいに磨いているつもりでも歯と歯の間や歯と歯茎の境目などに磨き残しがあり、それが虫歯や歯周病の原因となるためしっかりと落としてもらうことで、きちんと予防をすることができるようになります。

汚れなどをきれいに落としたら歯の表面にフッ素を塗布します。

利便性を重視したAll Aboutを情報をお探しの方はこちらのサイトがおすすめです。

フッ素には虫歯菌が出す酸に負けない歯にする効果があり、フッ素を塗布することで虫歯が起こるのを効果的に防ぐことができるようになります。
そのため1度だけの塗布で終わらず定期的に塗布を行うようにするのが良いです。

最後に正しい歯の磨き方や虫歯や歯周病になりにくい生活習慣についての指導を受けます。